組織図

役員
会長 浅野 繁 幹事 竹村隆一郎
会長エレクト 斎藤由紀 会計 小林義和
副会長 櫻井好美 森秀樹 SAA 髙橋 薫
会計監査 山崎康弘 副SAA 今井 昇
副幹事 關口和行 副会計 服部秀雄
    幹事エレクト 池田 孝
理事会
会長 浅野 繁 会員増強・維持拡大 荒木知太朗
会長エレクト 斎藤由紀 広報・公共イメージ 井畑和士
副会長 櫻井好美 森秀樹 親睦 片岡達生
幹事 竹村隆一郎 奉仕プロジェクト 小林 亘
会計 小林義和 オブザーバー 髙橋 薫
委員会 委員長 副委員長 委員
会員増強・維持拡大 荒木知太朗 森秀樹 鴇田和之      
       
広報・公共イメージ 井畑和士 米谷昌紀 福田理佳 山口修代    
       
クラブ管理運営 斎藤由紀          
親睦 片岡達生 池田 孝 浅野 了 髙橋 薫 古谷桂子 山本昭彦
麻生修平 鴇田和之 森秀樹 吉川末満
荒木知太朗 仲原一郎 森 三枝 米谷昌紀
井畑和士 福田理佳 山口修代  
出席 森 三枝 山崎康弘 今井昇      
プログラム 吉川末満 服部秀雄 髙橋 薫      
R研修・情報 小林 亘 岡田尚子 櫻井好美      
奉仕プロジェクト 小林 亘          
職業奉仕 山川真哉 小髙 潔 麻生修平      
社会奉仕 小林義和 宮 寛 浅野 了      
国際奉仕 岡田尚子 大内 啓 神 正臣 米谷昌紀    
青少年 山本昭彦 關口和行 古谷桂子      
ロータリー財団 戸部謹爾 八木和男 友野俊政 大内 啓    
米山記念奨学会 中島恵里 妻島不三二 猫田岳治 カウンセラー 猫田岳治
諮問委員会 妻島不三二 大内 啓 關口和行 服部秀雄 森 秀樹 櫻井好美

役員・委員会

会計     小林 義和

クラブ定款ほか,諸規定に則り,予算に基づく収支管理を厳正かつ迅速に行うよう任務を遂行いたします。

 

 

 

 

SAA     髙橋 薫

 クラブ例会の参加は正会員の最も基本的な義務で、例会は会員がお互いに胸襟を開いて親交を深め、奉仕を語り合う機会です。
  そのような基本である義務と権利が例会で滞りなく、円滑に、秩序正しく運営されるよう、そして楽しく、心和やかに開催されるよう、心を配るのがSAAの務めだと考えます。
  至らないところも多数あると思いますが、諸先輩方のご指導・ご鞭撻を賜り、例会運営に精一杯務めて行きたいと思います。会員の皆様のご協力をお願い申し上げます。


会員増強委員会(職業分類・選考)        委員長 荒木知太朗

クラブには居心地の良い人数、全員の意思疎通が図りやすい人数があると思います。
当クラブにおいては現在と同じ40人前後がその人数だと感じております。
しかし、コロナ禍において活動が難しくなる会員も出てくることもあるかもしれません。このため、まずは現在の会員数を維持することを主眼において活動をして参ります。
とはいえ、柏南ロータリークラブらしい奉仕を実践していくためにも、また、RIの目標を達成するためにも、新規の会員を迎えることは必須になります。引き続き新規会員を探しクラブの会員数40名を目標とします。
  当委員会を筆頭に目標に向かって参りますが、皆様のお力添えをいただかないと今期の目標達成は難しいと思われます。ご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

広報公共イメージ委員会     委員長 井畑和士

昨年度は、地区より「クラブ会報優秀クラブ」として表彰されました。今年度も地区の模範となれるよう、当クラブの活動をホームページやSNSを通して広く発信し、会員内での情報共有を充実させるとともに公共イメージの向上に繋がるように努めてまいります。
  また、対面での例会や委員会などの開催が制限される状況においては、当委員会が果たす役割も大きく、広報という立場からクラブ活動を支えられるように、努めてまいります。

 


クラブ管理運営委員会     委員長 斎藤由紀

とても厳しい時代になってしまいました。浅野会長は大変だと思います。少しでもお力になれるよう協力していきたいと思います

 




出席委員会     委員長 森 三枝

前年度より出席率の集計方法が変わり、委員会等への参加もメークアップとなりました。これに伴い、各委員長と連携を図り委員会等への出席を把握していきたいと思います。
ご協力の程よろしくお願いいたします。
また、転換期を迎えようとしている中、例会、奉仕活動等の多様性に対応できるよう委員会として努めてまいります。
 

親睦委員会     委員長 片岡達生

今年度の親睦活動については、このたびの新型コロナウィルス感染拡大により、接触機会の削減が求められていることから、例年と同様には行えないことが考えられます。イベント等の開催につきましては、地域におけるウィルスのまん延状況を見きわめたうえで、慎重に検討していくことになります。
  そうした状況のなかでも、クラブメンバーの親睦を深めるために、オンラインをとりいれるなどの工夫を考えていきたいと思います。
また今年度は、親睦活動に制限がある分、その他の委員会や奉仕活動にも積極的に協力していきたいと考えています。

プログラム委員会     委員長 吉川末満

より多くの会員が例会に参加してもらえるように、例会のプログラムを計画し、準備し、手配したいと思います。
 その例会の中で重要な役割を担う卓話では、浅野会長の意向により、入会年数の浅い会員や普段なかなか出席できていない会員の方々を中心に依頼をし、会員同士の親睦が深められるように努力したいと考えております。
なお、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で例会が通常の形式で開催できない状況が続く可能性もございます。従来どおりの例会の形式、時間、場所にとらわれることなく、浅野会長のご指導を仰ぎながら、新しい柔軟な例会の運営を模索したいと思いますので、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

ロータリー情報委員会     委員長 小林 亘

当委員会の役割として、新入会員に的を絞った研修を企画実行するようなイメージを持ってきましたが、近年の年齢・職業・人生観・ロータリー観など会員の多様性を鑑みた時に、大切にすべきは共に活動で汗を流し時間を掛けて奉仕と親睦を体感的に自身の中に落とし込めるような参加呼びかけをする事が務めであると考えます。今年度は奉仕プロジェクト委員長も兼務しておりますので、楽しく参加できる活動重視に尽力をしたいと考えます。

 

 

奉仕プロジェクト委員会     委員長 小林 亘

 職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕の4つの委員会を統括します。
  新型コロナの影響の外、様々な事情により一度も委員会を開催することなく年度を迎えることになりますので、それぞれの委員長及び委員の持つ個性を基に元気で魅力ある活動を展開して頂けるよう走りながら考えお手伝いをさせて頂きます。人事は単年度でも活動は中長期であるべきとのガバナー方針に沿って他人を思いやり他人のためになるインパクトの大きい企画をクラブが主体となって「ロータリーは機会の扉を開く」を皆様と共に体感出来ればと思います。


職業奉仕委員会     委員長 山川真哉

ロータリーの目的は「意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある」とされていますが、この中にあって職業奉仕は「事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理想を生かしていくという目的をもつ」と定款に定めがあります。
このようにロータリー活動の原点たる職業奉仕においては、特に現下の有事においてその重要性が高まることを認識するとともに、卓話等を通じて、会員の皆さまの職業や企業について相互に学び合い、理解を深め合えるような機会をつくっていきたいと考えております。

 


社会奉仕委員会     委員長 小林義和

今年度の社会奉仕委員会では会長の意向に添って,例年当クラブで数年にわたり継続されてきた活動を継続していきたいと考えております。具体的には,光ヶ丘地区における独り暮らしの高齢者に対する「ふれあい訪問」及び小中学生の地域剣道大会の応援と優勝者へ贈呈するトロフィーの提供を行う活動を実施していきたいと考えます。そして,活動にはできる限り多くの会員に参加をして頂きたいと考えています。また,同時に私たちは地域に積極的に入って行きたらしい的確な奉仕活動をさがしていく必要があると考えます。



国際奉仕委員会     委員長 岡田尚子

国際奉仕委員会では前年度にケニアに訪問した際に現地で懇意になったティカロータリークラブと共にグローバル補助金の申請をしまた地区補助金も活用して現地に安心して子供を産める施設の設置を目指します。
国際的人道奉仕活動の継続を各委員会と連携し繋がる事業となるよう皆様の御協力をお願い致します。



青少年奉仕委員会     委員長 山本昭彦

青少年指導者養成プログラム(RYLA)への参加を通じて、青少年や若い世代の社会人との「つながり」を多くの方に感じて頂く機会とリーダーシップ能力を伸ばす支援を推進することにより、奉仕のパートナーとしての「絆」を深めていきます。
  また、地区にて開催される行事への参加やクラブの各委員会と協力して活動をしてまいります。






ロータリー財団委員会     委員長 戸部 謹爾

「世界で良いことをしよう」をモットーとしてロータリー財団を立ち上げた方が「ロータリー財団の父」と讃えられているアーチ・C・クランフ氏<1869-1951>であります。

当クラブでは、その標語を実行に移すべく、昨年は地区補助金の援助を受け、ケニアに赴き奉仕活動に邁進したのですが、本年度は更なる向上飛躍をめざし、グローバル補助金の申請をしています。

RIの活動は我々ロータリアンの会費によって運営されていますが、ロータリー財団はロータリアンをはじめ、あらゆる人達からの善意の寄付によって自らの活動と人民の幸福、そして世界の平和のために資金援助をしています。

従って我々が世界で良いことをするためには、財団に対して寄付金を出さなければなりません。

ロータリアンの義務とも言うべき「年次寄付金」は、会員1人当たり150ドルとなっていますが、実情はその半額をも満たしておりません。(ちなみに関東8県の中では最下位,県下84クラブの中で当クラブはいつも下位に甘んじています)

この「年次寄付」のほかに「恒久基金寄付」や使い道を決めて寄付をするという「使途指定寄付」があります。

恒久基金寄付はロータリー財団の基本財産に組み入れられます。
この度の新型コロナウイルスは多くの人たちの命を奪い、世界経済を奈落の底に落とさしめました。こんな時こそロータリアンは共に助け合い、地域や世界の人々の幸せのため、相応の寄付に努めるべきでありましょう。

米山記念奨学会委員会     委員長 中島恵里

柏南ロータリークラブでは、例年米山記念奨学生を迎えており、月に一度の例会参加やクラブにおける多くのイベントや行事などには、学友や地区の米山記念奨学生にも声をかけ交流を図っております。
今年度も2020年4月から千葉大学で人文公共学を学んでいる中国籍の張 暁芳(チョウ ギョウホウ)さんを迎えております。しかし、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の為に日本政府より「緊急事態宣言」発令されており、まずは感染防止、健康第一との考えからその場を持つことが出来ずにおりますが、米山記念奨学事業の目的であります「奉仕の理念の奨励、育成、実践、そして国際理解と親善、平和の推進」を図るため、今後オンライン機能での例会参加への呼びかけ等行lっていきたいと思います。
また、米山記念奨学事業へのご寄付もよろしくお願いいたします。