組織図

役員
会長 櫻井好美 幹事 關口和行
会長エレクト 浅野 繁 会計 小林義和
副会長 岡田尚子 SAA 猫田岳治
会計監査 山崎康弘 副SAA 鴇田和之・髙橋薫
副幹事 中島恵里 副会計 荒木知太朗
理事会
会長 櫻井好美 会員増強・維持拡大 大内 啓
会長エレクト 浅野 繁 広報・公共イメージ 米谷昌紀
副会長 岡田尚子 親睦 池田 孝
幹事 關口和行 奉仕プロジェクト 森 秀樹
会計 小林義和 オブザーバー 猫田岳治
委員会 委員長 副委員長 委員
会員増強・維持拡大 大内 啓 鴇田和之 山本昭彦      
       
広報・公共イメージ 米谷昌紀 福田理佳 山口修代 井畑和士 森 秀樹  
       
クラブ管理運営 浅野 繁          
親睦 池田 孝 荒木知太郎 岡田勝久 鴇田和之 仲原一郎 片岡達生
井畑和士 八木和男 髙橋 薫 米谷昌紀
山本昭彦 山崎康弘 園邊 哲 吉川末満
宮本邦雄 浅野 了 山川真哉 森 三枝
塚原良典 神 正臣    
出席 今井 昇 宮本邦雄 古谷桂子      
プログラム 片岡達生 小林 亘 宮 寛      
R研修・情報 森 秀樹 小林 亘 岡田尚子      
奉仕プロジェクト 森 秀樹          
職業奉仕 竹村隆一郎 山崎康弘 浅野 了      
社会奉仕 小髙 潔 園邊 哲 井畑和士      
国際奉仕 山口修代 福田理佳 小林義和      
青少年 岡田勝久 山川真哉 山本昭彦      
ロータリー財団 戸部謹爾 服部秀雄 友野俊政      
米山記念奨学会 斎藤由紀 今井 昇 妻島不三二 カウンセラー 猫田岳治
諮問委員会 友野俊政 戸部謹爾 小髙 潔 岡田尚子 猫田岳治 ※グループ3

役員・委員会

会計     小林 義和

クラブ定款ほか、諸規定に則り、予算に基づく収支管理を厳正かつ迅速に行うよう任務を遂行いたします。

 

 

 

 

SAA     猫田 岳治

 SAAは、「会場監督( Sergeant at Arms )」 と言われ,中世ヨーロッパの宮廷で、外国の賓客を招いたレセプションが開かれる場合、その会場をとりしきる役職を模したものと言われています。
  例会場の秩序を保つためのあらゆる権限を持つ重要な役職で、例会やその他の会合で、会が秩序正しく楽しい雰囲気で運営されるための進行役です。櫻井年度はキレのある格式高い例会運営に努めます。
  キャッチフレーズは「責め心のない厳しさ  馴れ合いではない優しさ」です。
  これをもって例会運営に臨みますので、ご協力よろしくお願いいたします。

会員増強・維持拡大委員会       委員長 大内 啓

平成19年から10年間にわたり会員数30名前後と低迷を続けてまいりましたが一昨年度に関係各位のご努力により待望の40名台への復帰を成し遂げました。
  昨年度はこの勢力を維持することが出来ました。今年度は50名を目指しましょう。   
  会員が増えて何が変わったのでしょう。新しい会員の増加で10年前には考えも及ばなかった幅広いプログラムが続々と誕生し、夢のある魅力的なクラブへ成長しています。クラブの伝統とは革新の連続で培われるものだと強く感じました。
  国際ロータリーは多様性の中からの創造に未来の繁栄を見出し、舵を切りました。国際ロータリーの会員である我々クラブも同様に中核的価値観を共有できる仲間をどんどん増やし、活性化を図りクラブの未来を確固たるものにしていきましょう。

広報公共イメージ委員会     委員長 米谷 昌紀

前年度は、ホームページのリニューアルや会報誌及びSNS(フェイスブック・インスタグラム)の充実を図りました。

今年度は、前年度の流れを継承し、内部環境を整えると共に、対外広報活動の充実を更に図りたいと思います。 先ずは、「マイロータリー登録の推進」「メディアを活用した当クラブの積極的なアピール」にチャレンジしていきますので、引き続き各委員会との連携を軸に、皆様のご協力をお願い申し上げます。

クラブ管理運営委員会     委員長 浅野 繁

櫻井会長の活動方針に沿って、活発なロータリー活動をしていくために、親睦委員会、出席委員会、プログラム委員会、R研修・情報委員会を統括していきます。
 多くの会員が積極的に例会や親睦行事に参加できるよう、会長、各委員長と連携を図りながら、クラブ運営に努めてまいります。


出席委員会     委員長 今井 昇

クラブ例会への100%出席を基本原則としつつも、会員各位それぞれに多忙な環境に置かれている中で、他クラブへのメーキャップも難しいような場合には、「ロータリーEクラブ」メーキャップの選択肢の一つとして推奨し、出席率の向上に取り組んでまいります。
 また、出欠の事前確認を徹底することにより、食事代等の無駄を排除し、例会費の有効活用に寄与していきたいと思いますので、皆様のご協力をお願いいたします。





親睦委員会     委員長 池田 孝

クラブ会長が目指す「全員参加」を実現するには、クラブメンバーのひとりひとりが、ロータリー活動を楽しみ、仲間とのフレンドシップを図ることが重要だと考えます。
  クラブメンバー間の親睦はまず毎週行われる例会で図られるものであることは言うまでもありません。しかし一方で、仕事等の都合で毎週の例会には参加が難しくても、クラブメンバーとして活動を続けている方がいます。
  今年度の親睦委員会は「全員参加」ができる親睦行事の企画、柏南ロータリークラブの「和(輪)」を広げ、繋ぎ、より強固にするための自主的な企画等を積極的に行っていきます。
  そのために親睦委員会としては、まず親睦委員会が明るく、仲良く、喜んで活動することを大きな目標とし、さらに委員ひとりひとりに役割分担を行い、各行事に責任を持って参加していきます。
  委員長をはじめ、親睦委員会は入会歴の浅いメンバーで構成されています。
一生懸命取り組みますので、どうぞ温かく見守っていただければと思います。

プログラム委員会     委員長 片岡達生

本年度の例会では、会員の卓話を中心に行ってまいります。近年の会員増強により、世代や職業分類も多様になっております。会員がご自身の職業やロータリーについて話していただくことで、会員相互の職業や考え方を知り、ロータリーについての理解を深めていければと考えております。

 

 

【卓話のテーマ】
つぎのいずれか、あるいは両方をテーマにお話しください。
①「私の職業(=社会貢献)について」
②「私にとって奉仕とは。ロータリーとは」
  会員の皆様には例会の充実のために、卓話にご協力をお願いいたします。
  (会報掲載のため原稿のご用意をお願いいたします)

微力ながら、皆様に喜んで出席していただけるように努力してまいります。
ご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。





ロータリー情報委員会     委員長 森 秀樹

今年の取り組みとして
ロータリアンの義務
1. RI定款・細則並びにRC定款・細則を遵守すること。
2. 入会金・会費を納入すること。
3. 例会に出席すること。
4. 新会員を推薦すること。
5. 委員会活動、その他ロータリー・プログラムに参加すること。
6. 雑誌「ロータリーの友」を購読すること。
上記の文章を元に活動していきます。
重点科目は特別設けませんが義務の遂行により、下記の通り特典が得られます。

1. RCの会員には本人が希望してもなれない。会員により推薦され、初めて会員となれる。
2. 全世界に品性高潔な友人を得ること。
3. 全世界のRC例会、ロータリー会合に参加できること。
4. 奉仕活動に参加できること。
5. ロータリアンとしての絶大な信用を得ること。
6. ロータリアンとして、適格な人を推薦することができること。
このように自分がロータリアンである喜びの得られるように知識を深める活動を心掛けて参ります。

奉仕プロジェクト委員会     委員長  森 秀樹

 ロータリークラブの基本理念の中にロータリーの目的があります。その中でロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。と謳われています。  

• 第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること;
• 第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;
• 第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること; 
• 第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。     
ロータリークラブは奉仕事業を媒介としてクラブの活性化を図り、110余年の発展を続けて参りました。また、近年では単年度主義からの脱却と多地区・多クラブ合同での奉仕活動も推奨されています。

振り返るに我々柏南ロータリークラブはこの度40周年の節目をめでたく迎える訳でありますが、RID2790内でも発展と会員増加が激しい11グループにおいて主導的立場、オピニオンリーダーとしての地位が確固たるものとなりました。またRID2790でも大内会員がロータリー理念においてインフルエンサーとして一目置かれる存在であり、その所属クラブとして認知されております。
クラブの格にふさわしい奉仕活動を行ってまいります。


職業奉仕委員会     委員長 竹村隆一郎

職業奉仕はロータリー活動の原点であります。そしてその職業奉仕とは職業を通じて広く社会に貢献をする事だと考えております。その姿勢には高い理念と職業倫理が求められます。

当クラグは順調に会員数を増やしておりますので、会員卓話を通じて改めて各会員の職業について理解を深めるとともに、職業を通じた社会貢献を考える機会を設けたいと考えております。これにより会員の皆様の企業理念あるいは経営姿勢などを感じて自己の職業意識の再確認する機会になればと思います。

社会奉仕委員会     委員長 小髙 潔

光ヶ丘地域の民生委員の方々の活動を補助する形で長年続けてきた、独居のご老人の方々に対してのふれあい訪問の活動も、地域の住民の方々の活動として定着してきて、協力者としての役割を果たし終えたとのかなと考えております。
 会長の新たな活動への挑戦の意向もあり、今年度は地域から少し輪を広げての社会奉仕活動を目指したいと考えております。内容によっては国際奉仕や青少年奉仕等との連携も念頭に入れてますが基本は会員全員の参加を考えております。

更に私達は地域に積極的に入って行き新しい的確な奉仕活動を探していかなければならないと考えています。そして更に、会員全員参加を推し進めることが必要であると思います。


国際奉仕委員会     委員長 山口 修代

国際奉仕委員会では、ロータリーの最優先事項であるポリオ撲滅に対する活動を行います。
・Tシャツ着用や、SNSを利用することによりポリオに対する関心を広める
・募金活動を行う
海外での人道的奉仕活動にチャレンジします。
・ケニア、ナイロビのストリートチルドレンに対し、音楽と他国の文化を知ることにより希望ある未来を築くための動機付けを行う
  
各委員会と連携し、クラブ全体での活動を心掛けます。
みなさま、ご協力よろしくお願いいたします。


青少年奉仕委員会     委員長 岡田 勝久

今年度の青少年奉仕委員会は、ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)への参加を中心に活動して参ります。
  2790地区のRYLAは「歩行ラリー」を教材として、参加者たちが、寝食を共にし、共に考え、共に議論して、共に検証する中で人間の幅を広げまた、リーダーシップに必要な創造力を養うセミナーです。
  参加する若者にとってもロータリアンにとっても大変有意義なRYLAを多くの方に知っていただき、参加していただくよう努めてまいります。
また、RYLA以外にも各委員会と協力して活動の幅を広げていきたいと思います。






ロータリー財団委員会     委員長 戸部 謹爾

「ロータリー財団の父」と言われているアーチ・C・クランフ氏(1869~1951)は苦学の末、製箱会社、汽船会社、銀行、不動産会社等の代表を務める一方、クリーブランド管弦楽団で14年もの長きにわたってフルート奏者として演奏活動をなさっておられたとの事、豊かな人間味と親しみを感じます。

さて、私どもが何処かで誰と会っても、こちらがロータリアンであることを知ると、急に態度を軟化させ、好意的になることを経験された方が多いと思います。
  これこそロータリー財団のおかげだと思います。

クランフ氏が「世界で良いことをしよう」と始めた積善の行為が実を結び、世界中に広まったからに他なりません。しかし、その基は全世界120万人のロータリアンと心ある人の寄付金によります。私たちは日頃ロータリアンの名に甘んじて、相応の寄進をしているでしょうか。関東地方全域では残念ながら千葉県が最も低く、2790地区全84クラブでは当クラブは69番目(2015~2016)という不名誉な結果が出ています。
  これは金銭上の問題ではなく、「ロータリー財団」に対する理解度の不足にある、と言えるでしょう。
  理想的な奉仕活動はロータリー財団抜きにしてはありえず、ポリオプラスをはじめとする「六つの重点項目」を実行する事は不可能でしょう。
  RIと財団は二つのようで実は一体、つまり「而二不二」という大切な関係にあると言えそうです。
  ロータリーの存続のためには、もっと「財団」を学び、身近なものにすべきです。
  アーチ・クランフ氏も「ロータリーは幾世紀にもわたる運動です」と述べておられます。

米山記念奨学会委員会     委員長 斎藤 由紀

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会の事業とは、国際理解と相互理解に努め、国際親善と交流を深めるために、勉学・研究を志して日本で学ぶ学業、人物とともに優秀で、将来に国際社会で活躍する外国人留学生に対し、ロータリアンの寄付金を財源として奨学金を支給、援助する国内では民間最大の国際奨学事業です。

今年度は、米山記念奨学会の意義・内容をクラブ会員にわかりやすく理解していただき、寄付金の促進を図りたいと思います。

また、米山奨学生および元・米山奨学生(学友)に例会の出席と卓話をお願いし、ロータリークラブ会員との交流を深めるとともに、会員の米山記念奨学会への理解を深めていきたいです。